ハイパーナイフは全く効果なしなわけでは無いのでしょうが、私の意見としては「高いお金を出してまでやる必要のないもの」です。

電磁波を当てると脂肪が無くなりやすくなるという根拠も薄いものですし、仮に効果があっても目に見えて痩せたと実感させるほどのものを期待することは難しいからです。ハイパーナイフの費用対効果が低すぎてうける価値を感じられません。

 

1回500円くらいなら試してみるのもアリかもしれませんが、体のパーツ一つマッサージされるだけで5,000円ちかく取られるのはどう考えても高すぎます。

痩せる根拠の薄いものにそこまでの高い料金を支払うくらいなのなら、ライザップのようなダイエットジムに通ったほうがよっぽど効果的ですし、確実に痩せます。

ハイパーナイフ効果なしなのか?

ハイパーナイフの痩せる仕組みなのですが、脂肪を落としたい部位に電極をあてて高周波を流します。高周波が当たった部分は熱をもちますので、脂肪が燃えやすくなるといったものです。

たまに高周波をあてると脂肪が溶けてなくなる…と思っている人がいるようですがそれは無いでしょう。電磁波で脂肪が溶けるようなことがあったら、脂肪の周りの内臓までかなりのダメージがいくはずです。恐らく、電子レンジにお肉をいれたら脂肪が溶けるのでそのようなイメージがついたものと思われます。

 

あくまでも、体を温めて痩せやすくするだけなのでハイパーナイフを使うエステ業者は施術後にヨガのような運動を混ぜることが多いです。

それなら最初から高いお金を出してハイパーナイフなんてものは当てずに運動だけすればいいと私は思うのですけどね。

価値観はひとそれぞれですが、1回体を温めるのに一万円ちかくの大金を払うくらいなのならフィットネスクラブにでも行って運動してきたほうが痩せると思うのですが…。

 

実際に、ハイパーナイフを試しに受けてみたのはいいものの、ほとんど効果が実感できなかったという人はたくさんいます。エステ業者も効果が実感できない理由を説明することがあるのですが、その理由も意味不明な説明が多かったりします。

効果がない理由で一番使われるのが「一回受けただけだと効果は低いから何回か試してほしい」といったもの。痩せない言い訳もできるし、客もリピートしてくれるわけですから業者にとっては逆にうれしい理由になりますね。

ですが、ハイパーナイフは1回受けただけですぐに効果が出るということを売り文句にしていたはずではなかったでしょうか?

 

人によっては時間をかけて蓄積された脂肪が固まってしまっているので一回で取り除くのは難しい…みたいに言ってくるようですが、脂肪が落ちにくいのはただ単に体の代謝が下がってしまっているからです。脂肪の質が痩せにくくするなんて聞いたこともありません。

もう一つ、効果なしの理由としてあげられるのがエステティシャンの技術力不足です。経験豊かなエステティシャンに当たるかどうかは運次第なのである意味仕方ない事かもしれませんが、それを理由にされるのはちょっと違う感じがするんですけどね。

効果が実感できないレベルの人って分かっているのなら社内研修なりで技術を磨けるはずですし。

ハイパーナイフのデメリットは太ることもあること

ハイパーナイフには気を付けないといけないと逆に太ってしまうという謎の現象が起こるようです。エステ業者によっては施術中にデメリットの説明がされるらしいのですが、こういうデメリット部分は前もって説明されないものなのでしょうか?

そのエステ業者によるとハイパーナイフは3日ほど脂肪を燃やす効果が持続するらしいのですが、その3日間は太りやすくなっているので飲みすぎ食べ過ぎはダメなのでとか。

 

これはちょっと意味不明ですね。なんで脂肪を燃やしている最中に脂肪が付きやすくなっているのでしょうか。

エステ業者によっては「エステをした後は水を飲むことを禁止」する業者があるらしいです。これはそもそもエステというものにダイエット効果がほとんど無いためで、水を飲ませない事で体重を落とさせて「ほら痩せたでしょ?」という風に話を持っていきたいから。

もちろん、体から水分が抜けたところでペットボトル一本分も水を取れば元通りになります。

 

ハイパーナイフもそれと似たような事情があるように感じてなりません。施術をした後に体重が増えられてはクレームに繋がるので困るはずです。なので、施術後は太りやすくなっていると脅しをかけて、普段よりも摂取カロリーを減らさせようとしているのではないでしょうか。

そもそも、ハイパーナイフを使うようなエステに行くときには、何かしらのイベントに参加することが多いはずです。

結婚式やデートなどで飲んだり食べたり出来ないのはあまりにも不便です。そう考えると太りやすくなるという事よりも、イベントの楽しみが減ってしまうデメリットのほうが大きいのではないでしょうか。

ハイパーナイフは安いところはあるのか?

どこでもそうですが、ぼったくりと言えるほど痩身エステの価格は高いです。もちろんハイパーナイフも例外ではありません。

相場はどのくらいかを考えると業者によっていろいろなオプションをくっつけてきますので、正確に相場を割り出すのは難しいのですが平均して1時間の価格は1万円~1.5万円ほどになります。

 

これを安いととるか、高いととるかはあなた次第ですが、私としてはこんなものに1万円の以上の大金をつぎ込むくらいなら、ジムに通ったり防風通聖散を買って飲んだりしたほうがよっぽど痩せると思います。

というのも、ハイパーナイフで痩せる仕組みには謎が多いので本当に効くかどうかはかなり微妙だったりするからです。それだったら実際に痩せた人の多いジム通いをしたり痩せる漢方薬を飲んだほうがいいに決まってます。

体験コースの価格がむやみに高い

エステ業者によっては体験コースなるお試しを設けているところがあるので、効果が疑わしいのならまずは体験コースを受けてみるのも手です。体験コースの価格も業者によってまちまちなのですが、1時間で3,000円から5,000円の価格帯が多いです。ただし、はじめての場合は約30分はカウンセリングにあてられる事が多いので、実際に施術を受けられるのは30分ほどと思っていいでしょう。

 

施術前の30分の間に通常エステに誘導するためのセールストークをガンガンかけられてしまうケースが多いのでその辺りの覚悟はしておいたほうがいいです。ちなみにウエストや背中や腕といった体のパーツ単位で施術をうけられるところもあって、1パーツあたり10の施術でお値段は4,500円ほどのところが多いようです。

 

回数券を買って1パーツごとに施術が受けられるシステムの業者は少し注意が必要です。この手のシステムを採用している業者は「はじめて体験コースを受けた人は当日限定で回数券を割引する」というようなところには危険な可能性があります。

まだハイパーナイフの効果を実感する前の客に、回数券の購入を急かすような事をするのならかなり怪しい業者と言えるでしょう。

ハイパーナイフの家庭用は購入できない

ハイパーナイフはワムという会社の出しているエステ機器です。ワムから家庭用が出ていないので自宅用は買うことはできません。ネットで販売されているところはないかとかなり調べてみたのですが、一つも見つかりませんでした。仮に買ったところで一人で使えるような機器ではないので個人購入はほとんど無意味でしょう。

業者向けのエステ機器なのですが、個人で購入することは可能です。ただし価格は税別で180万円ほどします。

ハイパーナイフで小顔は難しい

そもそもハイパーナイフに小顔効果があるかどうかが疑問だったりするので、施術でどのくらいの小顔効果があるのかは謎です。業者の主張では顔の脂肪に高周波をかけると脂肪が流れやすくなる…らしいのですが、何度も言っているように脂肪が溶けるなんてことはありません。

顔の脂肪を電波で溶かしたら周りの皮膚のもかなりのダメージがいってしまうはずですからね。そもそも人は部分痩せをすることは出来ません。痩せる時には体全体の脂肪をまんべんなく使って細くなっていくので、足だけ痩せるとか、腕だけ細くするというのが不可能なんです。

 

もちろん、顔だけをピンポイントで脂肪を落とすというのもかなり難しい話になってしまいます。顔に電磁波あててポカポカして気持ちいいかもしれませんが、それで1万円以上するのなら納得のいかない話です。

小顔にしたいのなら一番効果があるのは素直にダイエットに取り組んで全身をまんべんなく細くしていくことです。一番っていうか、それしか小顔にする方法はありません。

 

顔の筋肉を引き締めたら小顔になるというのもかなり期待出来ない話です。顔の筋肉は腕とかの筋肉と違ってほとんど鍛えられないので引き締め効果もほとんどありません。

無理に引き締めようとしてフェイシャルトレーニングなんかやってしまうと今度は顔のしわの原因になってしまうのでやっぱり素直に痩せるのが最も安全で効果的ということになります。

しわやたるみは解消できない

業者はしわとたるみも解消してくれると言っていますが、その根拠は「血流が良くなってコラーゲンの生成をうながすから」なんだそうです。確かに、しわやたるみが出来る原因は真皮のコラーゲンが弾力を失ったからなのですが、血流が良くなったくらいでコラーゲンの生成が活発になるなんて話聞いたこともありません。

同じように、肌のはりや弾力が良くなったりほうれい線やゴルゴ線がなくなってくれる効果も期待は難しいでしょう。

 

「肌に38度以上の熱を加えるとコラーゲンが出来やすくなる」といっている業者もいます。確かにヒートショックプロテインといって、熱を加えるとコラーゲンが出来やすくなるという研究報告はありますが、それは別にハイパーナイフ出なくとも少し熱めのお風呂に入ればいいだけの話です。

わざわざ高いお金を出してまでやることではありません。

ハイパーナイフとキャビテーションは痩せる仕組みが違う

よくハイパーナイフと比較される痩身エステの施術としてキャビテーションがあげられます。この二つの何が違うのかというと「脂肪を燃焼させる(と業者が主張している)メカニズム」が違います。ハイパーナイフは肌に高周波をあてて脂肪に熱をもたせるから、脂肪が流れて(?)痩せやすくなるといったものです。

それに対してキャビテーションは超音波を使います。痩せたい部分に超音波をあてて脂肪を分解して痩せやすくするといったものです。

超音波で脂肪を溶かすなんてそんな危険な兵器を使うことが許されるのでしょうか?これはもう表現の問題で、脂肪を振動させて熱をこもらせて代謝を上げるから痩せやすくなる…というのを「脂肪を溶かす」と表現しているものと考えられます。

 

溶けた脂肪を洗い流そうと頑張って水をたくさん飲む人がいるようですが、残念ながらほとんど効果はないでしょう。

ちなみに、大量に水を飲むというのはダイエットにはかなり効果的なのでやったほうがいいです。水を飲むとそれだけ代謝が上がるので痩せやすくなります。

ですが、別に超音波をあてなくても水を飲めば代謝はあがるのでキャビテーションを受ける必要はありません。一回30分のキャビテーションで5万円ちかくもする業者もいるようなので気を付けてください。

ハイパーナイフは痛い・熱いのか

名前に「ナイフ」とついているものだから、皮膚を切り裂くような痛みがあるのかというイメージはあると思います。しかしこれはネーミングの問題で、実際にはただ単に電磁波を当てているだけなので痛みをありません。ハイパーナイフを皮膚にあてると電磁波で脂肪が熱をもちだしてじんわり暖かくなります。これを気持ちいと感じるかどうかは個人の感性の問題なのでなんとも言えませんが、少なくとも痛みが走るようなことにはなりません。

 

脂肪が熱をもちすぎて熱くなってしまってヤケドしてしまうという事もありません。ただし、高周波をあてるとすぐに熱が生まれてしまうので、これを熱いと感じる人はいるようです。

ですが、皮膚の組織を壊すほどの熱を持つことはないので火傷してしまうようなことはありません。

ハイパーナイフに副作用ない

ハイパーナイフは体に高周波を浴びせているだけなので副作用といったものはありません。ただし金属アレルギーがある人は肌が荒れることがあるので前もってエステティシャンに伝えておく必要があります。

ハイパーナイフで起こる肌荒れで考えられるものは「むくみ・赤み・かぶれ」などです。肌にあたる金属部分にはチタン合金が使われているので自分の体質にあるかどうかを確認させてもらう必要があります。

ハイパーナイフでむくみ解消はできない

むくんでいる部分に高周波をあてると代謝がよくなるので、揉みだすとむくみがとれる…と業者は言っているのですがこれにも疑問が残ります。

むくみは別に高周波を当てなくてもマッサージするだけで解消できるケースが多いからです。そもそも、むくみの原因は体の水分の代謝がうまくいかずに、体に余計な水分がたまってパンパンになってしまっているからです。そして、むくみを解消するにはどうにかして溜まった水分を外に出さないといけません。

 

水分がたまる原因は「体の塩分濃度が濃いから」で、取り過ぎた塩分を薄めようとして水が溜まっている状態になっています。ですので、むくんでいるからこそ水分をたくさんとるべきで、水をたくさん飲んだら普通むくみはすぐに治ります。

もう一つのむくに解消法が「むくんでいる部分を揉むこと」です。体にたまってしまった水分を揉んで移動させればその分水分は体外に出やすくなるのでむくみ解消に効果的です。

 

単にマッサージすればいいだけの話で別に高周波をあてる必要がないわけですから、むくみを解消させたいからハイパーナイフを当てましょうはかなりおかしい理論だということです。やらないよりは少しはマシになるかもしれませんが、気休め程度の効果のために高いお金を払う必要があるのかどうかが疑問に思うところです。